Q & Aよくあるご質問

次亜塩素酸水 Q & A

手や肌に直接噴霧して使えますか?

当社の製品は医薬品や化粧品ではありませんので、法的区分の関係で手指への使用をご案内することはできませんが、次亜塩素酸水は安全性が証明されており、液体が肌に直接触れても害はありません。

新型コロナウイルスに効果がありますか?

次亜塩素酸水のコロナウイルスへの効果は確認されておりますが、医薬品ではありませんので、薬機法では「ウイルス抑制、除菌、消臭」という範囲までしか標ぼうする事が出来ないことになっております。

どんなウイルスに効果がありますか?

当社の製品は医薬品ではありませんので特定のウイルスに対する効果を標ぼうすることはできませんが、一般的な次亜塩素酸水ではインフルエンザやノロウィルス等への効果が確認されています。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムはどう違いますか?

次亜塩素酸水は、塩酸又は食塩水を電気分解すること等により得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液です。生成方式には電解式と混合式があります。デイズオフは混合式です。

次亜塩素酸ナトリウムは、強アルカリ性でハイター等の塩素系漂白剤として使われています。

どちらも非常に高い除菌効果がありますが、性質の全く異なる水溶液です。次亜塩素酸ナトリウムは強アルカリ性ですので、消毒剤として使用の際は手袋などを使い直接肌に触れないようにします。一方次亜塩素酸水は種類にもよりますが微酸性~弱酸性のものが最も除菌効果に優れているといわれ、除菌後は水に戻るため安全性が高いことが特徴の成分です。

次亜塩素酸水とアルコールはどう違いますか?

アルコール(消毒用エタノール)はインフルエンザウイルスに有効で、ノロウイルスに対してはやや有効と推定されています。次亜塩素酸水はインフルエンザウイルスやノロウイルスにも効果が有効とされています。

マスクに使っても大丈夫ですか?

マスクにお使いいただいても大丈夫です。ただマスクが濡れることによりマスク本来の性能を損なう恐れがありますので、乾かしてからお使いください。

家具へスプレーした後は拭いたほうがいいですか?

次亜塩素酸水は、細菌やウイルスと反応した後は水へと変化しますので特に必要はございません。ただスプレー後は水で濡れた状態になっておりアルコールと違って揮発性もありませんので、気になるようであれば清潔な布でお拭きください。

開封後の使用期限はいつまでですか?

使用前、使用後関係なく半年から1年以内でのご使用をお進めします。

野菜や果物の洗浄に使用するときはどのように使ったら良いですか?

野菜や果物に直接吹きかけて除菌したのち、水で洗い流してからご使用ください。

次亜塩素酸水は皮膚についたり誤飲したりしてしまっても安全なものですが、厚生労働省の定める食品添加物の規格基準では、「次亜塩素酸水は、最終食品の完成前に除去しなければならない」との取り決めがあります。

デイズオフ次亜塩素酸スプレーは口に入ると害がありますか?

誤飲しても害はございませんが飲料ではありません。

デイズオフ次亜塩素酸水スプレーは掃除やカビ取りに使用できますか?

カビ菌を除去することはできますが、洗浄成分や漂白成分は含まれていないので、油汚れやカビによる黒ずみ等を除去することはできません。洗浄力は水拭きと同等とお考え下さい。

デイズオフ次亜塩素酸水スプレーの有効塩素濃度とpH値を教えてください。

有効塩素濃度は50ppm、pH値は6.5±0.05となっております。

デイズオフ次亜塩素酸水スプレーの製造方法を教えてください。

次亜塩素酸水の生成方式には主に電解式と混合式があり、デイズオフは混合式です。一般に電解式で製造された次亜塩素酸水は保存期間が短いと言われており、デイズオフは混合式で安定性が高くなっています。原料は次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸です。

保管方法を教えてください。

冷暗所での保管をおすすめしております。

容器は遮光ボトルですか?

遮光性の高いボトルを使用しておりますが、紫外線は避けて保管ください。

何秒でウイルスや菌を制御できますか?

30秒ほどで菌が検出されなかったというデーターがでております。15秒ほどでも除菌効果は期待できますが、効果を高めるのであれば30秒ほど放置していただくとより確実かと思われます。NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)の発表では20秒でのウイルスの不活性化が報告されております。

薬用ハンドジェル【指定医薬部外品】 Q&A

ホクリア・デイズオフ 薬用消毒ハンドジェルはどこの部位に使えますか?

手指・皮膚の洗浄・消毒の効能・効果が認められた指定医薬部外品です。 エタノール(アルコール50%)も含まれておりますが、有効成分はベンザルコニウム塩化物です。

新型コロナウィルスには効果がありますか?

本製品に使われているベンザルコニウム塩化物(0.05%以上)については、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の発表により、モノに付着したコロナウイルス対策として有効であることがわかっています。しかし、手指についたコロナウイルスの対策としては、現在のところ手洗いとアルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)の2種類のみが有効とされています。

どんなウイルスに効果がありますか?

新型コロナウイルスの他、MRSA(メチシリン耐性ブドウ球菌)などの一般細菌やカンジダなどの酵母様真菌に有効であることが確認されております。

使い方で注意する点はありますか?

ベンザルコニウム塩化物は石鹸と混ざったり、石鹸分が手指や皮膚の表面に残っていると、殺菌消毒効果がなくなったり弱くなったりしますので、同時に使用しないでください。石鹸で手を洗った後に、手・指の石鹸分をよく流してからお使い下さい。

取り扱い上で注意する点はありますか?

合成ゴム製品、合成樹脂製品等への使用は避けていただくことをおすすめします。 皮革製品の消毒に使用すると変質させることがあるので使用しないでください。

ベンザルコニウム塩化物は逆性石鹸と言われているようですが、石鹸とどう違うのですか?

ふつうの石鹸は陰イオン界面活性剤と呼ばれており、-の電気を帯びていて+の電気帯びている垢やフケと結びつき分散させます。 一方逆性石鹸と呼ばれているベンザルコニウム塩化物は、陽イオン界面活性剤と呼ばれており+の電気を帯びているので洗浄力はあまりありませんが、-の電気を帯びている細菌やカビを引き寄せ破壊します。

アルコール製剤(指定医薬部外品)による手荒れの防止対策

アルコールにはたん白変性作用や脂質溶解作用があり、その皮膚に対する作用を全くなくすことはできません。しかし、市販されているアルコール製剤(指定医薬部外品)の中には、アルコールによる手荒れを防ぐため保湿成分や油性成分を配合したものがあります。(この製品には濃グリセリンやヒアルロン酸ナトリウム配合しています。)これはアルコール蒸発後に皮膚に残留する保湿成分や油性成分が皮膚からの水分蒸発を抑え、さらに使用回数が多い場合の保護作用として働きます。

同様な観点から、作業終了後、ハンドクリームなどによる手入れも手荒れ防止に有効です。手荒れがみられる場合や、皮膚に傷がある場合にどうしても作業する場合には使い捨て手袋を使用して下さい。

アルコール過敏症の場合には、使用を中止して下さい。

アルコール製剤(指定医薬部外品)の利用について

手指の消毒にはアルコール製剤(指定医薬部外品)が使用されます。手指を消毒する場合、まず手指用洗剤で十分洗い、すすいだ後、水分をよく拭き取るまたは乾燥させてからアルコール製剤(指定医薬部外品)を使用します。アルコール製剤(指定医薬部外品)は、両手を濡らす程度で、効き目があります。アルコール製剤(指定医薬部外品)を使用した後は、拭かずに手指に揉み込み、自然乾燥させてください。

次のひとは使用しないこと

1)深い傷やひどいやけどの人
・湿疹、皮膚炎(かぶれ、ただれ)等の皮フ障害のある時は使用しないこと。
・アルコール過敏症や肌の弱い人は使用しないこと